シミトリーで白斑の副作用報告や口コミは無い?

シミトリーは東洋新薬のフラバンジェノール®という成分を配合した美白オールインワンジェルです。

シミトリーは肌に直接塗るものですし、シミに塗るわけですから、副作用や白斑が心配ですよね。

シミトリー白斑が出るか?

報告や口コミを調べてみましたので紹介していきたいと思います。

シミトリーでは白斑の副作用は起こらない

結論としては、シミトリーを使用しても白斑の副作用は起こらないと考えられます。

こちらがシミトリーの全成分です。

有効成分:アルブチン

その他の成分:フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3-O-エチルアスコルビン酸、ユキノシタエキス、マロニエエキス、ヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、シア脂、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

シミトリーでは、アルブチンという別名ハイドロキノン誘導体という成分を配合しています。ハイドロキノン誘導体と似た名前としてハイドロキノンという成分があるのですが、そちらとは全く別の成分となっています。

ここでハイドロキノンとハイドロキノン誘導体の違いを紹介してきます。

ハイドロキノンは漂白剤とも呼ばれる美白効果が高い成分ですが、副作用の報告がある危険な成分でもあります。ハイドロキノン誘導体は、ハイドロキノンほどの美白効果は期待できませんが、刺激もなく安全性の高い成分です。もちろん副作用の報告もありません。

ハイドロキノン誘導体は長年の研究で安全性が証明されていますのでご安心ください。

シミトリーはハイドロキノン誘導体が配合されていますので、安心して使うことが出来ます。

ハイドロキノンが配合されたものを使うと、どのような副作用が起こるのでしょうか?以下のような事が起こると考えられます。

  • ヒリヒリとした痛み
  • 肌の腫れや湿疹
  • 色素沈着
  • 白斑
  • 発がん性

このように美白効果が高いけれども副作用とのバランスを考えると正直避けておきたい成分でもあります。

繰り返しますがシミトリーではこの成分は配合されていませんのでご安心ください。

結論としては、、、

シミトリーでは白斑は起こらない

といった結果になりました。

シミトリーは無添加素材で作られている

シミトリーの安全性を調べて見ると、7つのフリーで作られているという事が分かりました。

パラベン、アルコール、界面活性剤、香料、着色料、鉱物油、シリコーン

これらの成分が配合されていると、肌が乾燥や刺激を受けてしまうんですよね。

シミトリーではこれらの成分は一切配合していませんので、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使うことが出来るわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする